Javaのばか

趣味として、Javaを独習しています。学習成果と途中経過の記録です。独習者の参考になれば幸いです。

Javaのばかは決してJavaをバカにしているわけではありません。

広告

まったくの趣味としてJavaを学習しております。

Javaの学習経過のまとめを備忘録的にアップしていきます。サイト名はロゴのゴロがよかっただけで深い意味はありません。

主に市販テキストとインターネットの情報を頼りにしておりますので、プロフェッショナルなJavaのプログラマの視点では的外れなことも掲載されていると思ってください。 同程度の学習者に役に立てば幸いです。また、このサイトの情報は間違っていることもありますので、参考程度にしてください。

挫折しやすくないですか

業務ではなく、趣味としてプログラムを初めて学習する人にとっては、Javaは挫折の危険性が非常に高いと思われます。 まず、たいていの市販テキストは延々とコマンドプロンプトでの操作が続き、Javaという言語で何ができるのか全然想像できなくなると思われます。 ある程度Javaの特徴が分かってくるまでは、何をやっているのかわからない決まり文句を延々と繰り返し入力することを強いられます。 この決まり文句の意味を調べても、結局Javaの仕組みが分からないと理解できないので嫌気がさす人も多いかと思います。

Javaのばか!

広告

挫折ポイント Javaのインストール

まずは、Javaプログラミングをする前に自分のパソコンでJavaプログラムができるように環境を整えます。幸いなことにJavaを学習するためにはパソコンとインターネット、テキスト以外は無料で賄えてします。 つまり、タダ!

プログラム言語を買う必要はありません。しかも、Javaの周辺も無料で済ませることが可能です。 テキストエディタもデータベースも、アプリケーションサーバもです。

Javaプログラムを学習するための初期投資はゼロ円です。これは素晴らしい!挫折したって無駄遣いにはなりません。!

しかし、無料ということは自分でダウンロード、インストール、設定をしないといけないということです。 この段階で、あきらめてしまうことがあります。

何もかもすべて最初から整えるのは止めて、Java本体とテキストエディタでプログラム学習の第1歩「こんにちは世界!」を目指しましょう。

前提となる環境

Windowsな人なのでOSはWindows(Windows7だったりWindows10だったりします)を使用しております。主に64ビット版のOSを使用しておりますが32ビット版の方も同じように楽しめると思います。